オンラインカジノ

ギャンブル依存症

オンラインカジノは賭け事を楽しむものです。そしてその賭け事に依存してしまういわゆるギャンブル依存症があります。オンラインカジノは現金ではなく、クレジットカードを通じてチップを購入します。掛け金を自分の任意で選べる所に強いギャンブル性があるものなのです。その結果依存症になってしまいやすいのです。
強度のギャンブル依存症は立派に病気です。己の意志だけではどうにもならないものです。専門機関や病院に相談しましょう。
アルコール依存症などと同じで、2度と手を出してはいけないものです。進行性のもので、完治はありません。わずかでも、少しでも手を出してはいけないのです。
専門機関としてGA(ギャンブラーズ・アノニマス)があります。これはGamblers Anonymous(直訳すると匿名賭博者)賭博常習者更生協会のことです。ギャンブル依存症のことを強迫的ギャンブラー(compulsive gambler)として、そこからの脱却を助けるための団体です。集まり、自分たちの体験を言い合い、聞きあうと言うものです。アメリカではじまった自助団体で、日本にもあります。Anonymousは訳すと匿名つまり無名のまま参加し、そのことがいかなる宗教、宗派、組織、政党、団体にも縛られないという姿勢を支えています。何時でも、誰でも無料で参加できます。いかなる義務もありません。
また、ギャンブル依存症者の家族・友人のための自助グループもあり、GAM-ANON(ギャマノン)と言います。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 11月 24, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

還元率のからくり

オンラインカジノの還元率は高く、優良サイトなら99%にもなります。日本で出来るほかの賭け事は、宝くじが半々、競輪競馬が7、8割、パチンコ類で90%前後と言われています。
この数字を比較するとオンラインカジノが絶対有利と思うのは当然で、嘘ではありません。けれど、この数字の出し方が同じとはいえません。条件が異なるのです。
競輪競馬や宝くじは区切りがはっきりしています。統計的に言って、宝くじは1万円の購入で5千円が賞金となります。次の機会は次回の宝くじ売り出し期間ですぐには困難です。
競輪競馬はたいていの場合目当てのレースがあります。まさか全てのレースに前金額を張ろうとする人はいないでしょう。1万円賭けたレースの内、統計的に言って7500円の還元があります。
宝くじや競輪競馬は購入金額そのままが、賭け総数になりやすい賭け事のため、出せる数字です。
パチンコ類は複雑で、釘や設定やデジタルの確率という要素が絡みます。また交換率があり、等価交換とはなっていません。
オンラインカジノはこうした考え方ではありません。買ったチップの額の残高の変化が勝ち負けの基準となります。賭け数が勝敗の結果で左右される、ということです。100ドルの購入が0になったり、1000ドルになったり果ては5000ドルになったりもするのです。スロットル1回転を5ドルとしてそれを10回転させるとします。その還元率を99%とすると、99%の10乗でペイアウトは90.44%となります。このように購入額を何回転させることで、還元率は激減していきます。「勝ちやすい」という盲信は危険です。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 月曜日, 11月 23, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

オンラインカジノの条件の確認

オンラインカジノごとに決まり事が存在し、特有の条件があります。それはTerms and Conditions(タームズ・アンド・コンディションズ)として、アカウント開設時に合意するものです。各オペレータの利用規約・利用条件のことです。たいていは英語表記となっています。だからと言って読むのが大変であっても、必ず目を通しておきましょう。内容が理解できないのならば、オンラインカジノに手を出すのはやめたほうがいいくらいに、大切なものです。
オンラインカジノの特徴であるボーナスというサービスチップの使用条件がここに明記されているからです。そしてそれは頻繁に変更となるものです。使用する前に必ず読んでおきましょう。オンラインカジノのトラブルはボーナスに関することが大半を占めます。実際トラブルに見舞われたそのときに、ここにある条件を理解しておかなくては争えません。それでなくても後から気がついたり、その時には後悔するような条件がついていることも少なくないからです。そうなった所で後の祭り、後悔先に立たずでどうにもなりません。
また「紛争の最終決定はオペレータ側にある」との記載があり、これが伝家の宝刀となっています。
オンラインカジノを楽しむには、敵を知らねばなりません。そしてその上で自分を知っておくことです。カジノの条件を知らずに賭け事をするのは愚行以外の何ものでもありません。大変でもきちんと読み、理解しておきましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 日曜日, 11月 22, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

オンラインカジノで注意しておくこと

オンラインカジノでよくあるミスをご紹介します。
実際にお金を賭けるにはアカウントを登録してからはじめます。その際の入力事項を全角入力してしまうことがあります。これは実はけっこう多いそうです。けれど、海外サイトでは全角はほとんど使用されません。そしてオンラインカジノサイトは日本製のものはなく海外のみです。日本で運営されていた場合は非合法として摘発されます。全角で入力すると、エラーとなってしまいます。数字も同じです。英数字は必ず半角で入力しましょう。
ローマ字表記にも注意が必要です。ヘボン式ローマ字での入力が必要です。正しい表記で入力しましょう。日本語対応カジノでも、ローマ字で入力します。住所入力は番地やアパート名が先になります。表記方法も注意しましょう。
身分証明の書類を送るために、スキャンかデジカメの映像を送る場合があります。このとき、添付資料を圧縮し、lzh(lha)形式で送ってしまう人がいるそうです。bmp形式は確かに大きすぎるので変換するのが無難です。しかしこの形式は日本以外ではほとんど使われていないようです。つまりカジノ側があけることが出来ないものです。ですので送るとしたらjpg形式にしましょう。他にあるとしたらzip形式です。それ以外のものは可能ならば、未圧縮のままの方が良いでしょう。
入力事項は必ず正確なものを記入してください。偽の情報を登録すると、悪質客と断定され、門前払いとなることもありえます。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 土曜日, 11月 21, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

オンラインカジノを楽しむために

お金を賭け、そのことに対するスリルと興奮を楽しむのが醍醐味を味わうのに、オンラインカジノがあります。インターネットを通じて楽しむカジノです。けれど気をつけなければいけないのが、その「賭ける」ということです。
全ての賭け事に共通するのは「勝ち」には限界があるけれど「負け」にはないということです。気持ちを平静に保って負けが続く前に引くということは、重要なことです。
そのためには、まずチップ購入にあてる金額が「なくなってもいい」と思えるくらいにしておきましょう。もちろん最悪の場合、ということです。当たり前のことですが、購入していないお金は失いようがないのです。購入額はよく考えて決めましょう。
収支表をつけることも、やっておいたほうがいいことです。ドンブリ勘定では負けが続いて、負債が自覚ないまま大きくなっていても、気がつかないことになりかねません。勝ちが多いときは思い切った勝負にも出られます。逆に負けが分かっていれば、無理な勝負に出ることは少なくなります。
自分を冷静に見るのに役立つのが収支表です。自分にあった賭け方を身につけましょう。また、カジノの選定も重要です。ボーナスや特典につられて上級用に手を出すのは止めた方がいいことです。日本語対応のないサイトでは、トラブルが起こったときに対処が難しくなります。自分の能力やレベル、ゲーム内容をよく検討したうえで、選びましょう。
そして自分の「止め時」をきちんと決めておきましょう。賭け事は楽しめるうちが花なのです。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 金曜日, 11月 20, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

オンラインカジノでの注意事項

オンラインカジノの運営元は全て海外の企業です。そのため、日本のギャンブル業とは違う独自の決まり事などがあります。その注意時点を紹介します。
1つのカジノで複数のアカウントを取得してしまうことは、非常に多いとされるミスです。ほぼ全てといていいほど、オンラインカジノでは同一人物による複数のアカウント所持を禁止しています。そしてこの場合人物特定をされるのはIPアドレスです。例え家族内でも同世帯、同PCからの複数アカウント所持は避けましょう。
それというのも初回ボーナス狙いのボーナス乱用者と見なされ、全ての関連アカウントの閉鎖されます。そうなるとアカウントの残金すら手がつけられなくなりかねません。
同じ意味でボーナス条件を満たすなりすぐに引き出すことも避けましょう。常に条件に多少の余裕を加えましょう。余裕があれば3割、少なくとも1割は欲しい所です。
また、賭け方においても注意は必要です。マーチンゲール法と呼ばれる賭け方があります。負けたとき、次はその倍を賭けるというものです。確かに連続で負け続けていても1回勝てれば必ずプラスになるという理論です。一理あります。けれど、際限なく賭け続けられるというものではありません。この方法の短所はそこにあります。ゲームの必勝法ではありえない賭け方です。確率的に起こることは現実としてもありえます。賭け事は余裕ある資金内でするのが基本です。それは頭にとどめておきましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 木曜日, 11月 19, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

オンラインカジノでの課税

オンラインカジノはインターネットを通じて楽しむカジノです。その入出金は当然電子マネーで行われます。オンラインカジノが課税からは完全に逃れられないのはここに理由があります。なぜなら各金融機関は、200万円相当を超えた外貨の送金や受け取りを、当局に報告することになっているからです。小切手、外貨現金、電信送金と言ったものでも同じです。
日本の法では、賭け事の賞金は一時所得とされます。競馬の配当も同じです。その内の課税対象は一時所得から収入と特別控除額を引いた、純所得を更に半分にした額です。
式にすると純所得=収入-支出-特別控除額 (50万円)となります。
日本での賭け事はたいてい現金です。その場合どんなに高額だったとしても、わざわざ申請する人はいないでしょう。50万円以上勝ったとしても現金を補足することは出来ません。その証拠がないからです。
年間や月間通産では損をしていても、一度の勝ちが50万円以上の場合は納税義務が生じてしまいます。オンラインカジノは前述したように電子マネーです。ですから証拠の記録が残ります。義務なのですから納税した方が後々のためです。
また、通貨はたいてい海外のものです。為替の変換をすれば、実際の勝った場合はその金額より多くなることになり、逆に負けるときはより損をしてしまいます。
ネッテラーなどのデビットカードを使って現金化すれば証拠は残りませんが、50万円以上であれば法的には納税義務はあります。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 水曜日, 11月 18, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

ネッテラーとは

ネッテラー(NETELLER)とはオンラインカジノで使える電子財布のことです。オンラインカジノはインターネットを通じて楽しむカジノのことです。そこでチップを購入したり、また買った分を払い戻しするのには、実はけっこうな手間がかかります。
一番使われているのがクレジットカードです。誰でも持っているし、手数料もそうかかりません。けれど使えない場合があります。それはカジノやクレジットカードによって異なります。
こうした際、ネッテラーを使うと便利です。ただ、その場合にもクレジットカードは必要になります。
オンラインカジノで使える電子マネーは他にも数種類あります。その中でもっとも規模が大きく、カジノの多くで使うことが出来るのがネッテラーです。日本語サービスもあることも、重要です。株式市場にも上場しているので、一定の信用を置くことも出来ます。
利点はカジノからの払い戻しをアカウントに貯めておくことが出来ることです。次にカジノに来た際に再び購入手段とすることが出来ます。銀行振込も可能です。また、プリペイドカードも発行しています。このカードは、デビット機能付きなのでそのまま買い物も出来ますし、郵便局から現金引き出しも可能です。
難点は手数料が一般金融機関より高いことがあげられます。クレジットカードからの入金に3.9%の手数料がかかるのです。けれどカジノサイトによってはネッテラーを使うことに対してボーナスが出ることもあります。クレジットカードも、規制で使えない場合があります。それにセキュリティ意識とサービスレベルが金融機関ほどの高さは望めません。とはいえ、決済手段としてはマシと言えます。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 11月 17, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

オンラインカジノのボーナスについて

オンラインカジノの特徴の一つにボーナスと呼ばれるサービスチップがあります。カジノサイトによっても用意されているボーナスは様々で、いろいろな種類があります。客にサービスチップを提供することにより、より多く訪れ遊んでいってもらうためのものです。カジノ側の戦略の一つなのです。また客としてもこのボーナスを使うことで勝ちやすくなります。
しかし、このボーナスは便利な反面、使い方に気をつけなければならないものでもあります。オンラインカジノはかなりトラブルが多いギャンブルです。そのトラブルの原因のほとんどが、このボーナスにまつわるものです。
ボーナスにはたいてい最低賭け条件というものが付いています。ある程度のお金を何ゲームかに賭けることが条件となります。けれど、どのゲームに賭けれるかということも指定されています。初めから条件に加えられていない「除外ゲーム」やボーナスを賭けるととむしろペナルティが課される「禁止ゲーム」も存在します。
また、ボーナスに特殊条件がつけられたものもあります。ボーナスアカウント制はボーナスでの賭けが別アカウントになる、という条件です。スティッキーボーナスは払い戻しの時、ボーナスが没収されたり、またはアカウントに返されたりします。フリーズアウト条件は払い戻し時に一定以上の量の残高が必要になるものです。
ボーナスやその使用条件は頻繁に変るものです。必ず確認してから取得するようにしましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 月曜日, 11月 16, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

オンラインカジノでのボーナス乱用者

オンラインカジノはインターネットを通じて楽しむカジノです。オンラインカジノの中に悪質サイトが数多く存在するのは、残念ながら事実です。同時に客にも悪質な客がいます。
オンラインカジノにはその特徴の一つに、ボーナスと呼ばれるサービスチップがあります。これは賭け事をする際に客に対してより有利とならしめるものです。そのため、このボーナスを乱用する客が出てしまいます。こうした客をボーナス乱用者(Bonus abuser)と呼ばれます。他にBonus hunter(ボーナスハンター)、Bonus Seeker (ボーナスシーカー)、Advantage Player (アドバンテージプレイヤー)と呼ばれたりもします。
このボーナス乱用者とされるのは以下のような行為です。
・ボーナスをもらってからしかしか賭けない
・同一人物が複数のアカウントをつくり、初回用のサインアップボーナスを二重取りする
・ボーナスの条件を守らない
・控除率の低いゲームにしか賭けない
・最低ベットに近い状態で何時までも、長々と延々と賭けている
カジノによってはこうした行為以外でも、勝つプレイヤーを乱用者としてしまうカジノもあります。
そして一度ボーナス乱用者の指定をされてしまうと以下のような扱いを受けてしまいます。
・ボーナスや他の特典の剥奪
・アカウントの閉鎖やロック
・チップの没収(時として購入したものも対象になります)
・ブ他カジノにもラックリストで汚名が共有されてしまいます。そのため、他カジノでも上記の扱いを受けます。そして新規にアカウントを開設しようとしても拒否されてしまいます。
一度ボーナスアビューザーに指定されると、復権はほぼ絶望的となります。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 日曜日, 11月 15, 2009

Categories: オンラインカジノ   Tags: , , , ,

次ページへ »