ダイエットスープ

ダイエットスープとポトフ

野菜がごろごろ入ったポトフはもともとフランスの家庭料理です。野菜やソーセージの旨みがスープに溶けだし、特別な味付けをしなくても、美味しくてヘルシー、栄養満点なダイエットスープになります。簡単に作れるポトフは、忙しい主婦や一人暮らしの人のダイエットスープのメニューとしてぜひ取り入れたいものです。
そこでここでは基本的なポトフの作り方を紹介します。
まず、豚のかたまり肉600グラムを適当な大さに切り、水3リットル、ローリエ1枚、ブーケガルニ1個、塩大3分の2を合わせて火にかけます。ひと煮立ちしたら弱火にし、アクを取りながら1時間ほど煮ます。
その間に野菜を準備します。じゃがいも4個は皮をむいたら一口大に切って水にさらし、ザルにあげておきます。にんじん1本、セロリ2本は皮をむいて食べやすい大きさに切っておきます。
一時間ほど煮たお鍋に粒コショウを加え、準備しておいた野菜を加えます。煮立ったら弱火にしてアクを取りながら、さらに30分ほど煮ます。
次にソーセージを200グラム加えてさらに30分煮ます。最後に塩少々で味を調えて出来上がりです。
具材の量は目安であり、好みに合わせて調整するとよいでしょう。野菜は他にもブロッコリーやカブ、大根、ズッキーニなどがよく合います。肉類は牛肉やソーセージの代わりに豚肉や鶏肉でも美味しく出来ます。肉類をソーセージだけにするとカロリーを抑えることができます。その場合はコンソメでスープに味を加えましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 5月 20, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ダイエットスープとお鍋

寒い冬の定番料理といえばお鍋ですが、お鍋はダイエットに最適なメニューです。白菜や春菊、水菜、ネギなどの野菜類の他、しいたけやえのきなどのキノコ類など、一品ずつ準備すれば大変な食材もお鍋に入れたら一度にたくさん食べることができます。
そして冬の野菜は体を内側から温めてくれる点でもお鍋はお勧めです。お鍋を囲んでいると体がぽかぽかになり、その後の脂肪燃焼を助けてくれます。
また、お鍋の具だけではなく、スープも具の旨みと栄養が溶けだした美味しいスープです。
最近はスープダイエットが人気を集めていますが、お鍋はそれだけで立派なダイエットスープです。具と一緒にスープもお皿に取り分け、ダイエットスープとしていただきましょう。スープをたくさん摂ると早く満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐことができます。
お鍋といっても最近ではいろいろな種類のお鍋があります。その中でカレー鍋やイタリアン鍋などはカロリーが高いためダイエットには不向きです。すき焼きも調味料や牛肉でカロリーが高くなってしまいます。ダイエット中はシンプルな水炊き鍋が適しています。
ただし、お肉の食べ過ぎには注意が必要です。自分で選べる時は脂身の少ないお肉を選びます。野菜を中心に食べるように心がけましょう。
ダイエットスープとしてお勧めの鍋は、キムチ鍋、牡蠣鍋などです。キムチ鍋は辛味で新陳代謝が高まり、脂肪燃焼を助けてくれます。牡蠣鍋ではお肉の代わりに牡蠣を入れると栄養満点な上にカロリーも抑えることができます。
家族や仲間と鍋を囲み、楽しくダイエットをしましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 5月 19, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ダイエットスープと市販品

市場ではさまざまなダイエット食品が出回っています。クッキーやドリンクに並び、人気食品の一つがダイエットスープです。
スープはそれ自体、水分によって満腹感を得られやすく、毎食摂ることでダイエットになります。1食をスープに置き換えたり、ダイエット効果のある食品を具材にすると、いっそうダイエット効果が高まります。
市販されているダイエットスープの種類は豊富で、お店のダイエット食品のコーナーやネット販売のHPをのぞいてみると、一般的なスープから脂肪燃焼スープ、リゾット風や麺が入ったものまで目白押しです。ダイエットをしていない人も、つい購入してしまいそうです。
市販品の魅力はなんといってもその美味しさでしょう。何種類もの野菜が入っているスープや手の込んだ味付けは、家庭ではなかなか実現することができません。
そして手軽さも魅力です。ダイエットでは毎日飲み続けることが大切ですが、調理は大変で具や味付けを変えないと飽きてしまいます。市販品ならお湯をそそぐだけで簡単に出来上がり、種類を変えながら飽きずに続けることができそうです。
かつて市販のスープといえば、体に悪いというイメージが強かったものですが、最近では最新の技術によって、美味しく、食品の栄養をそのまま残したスープが多くなっています。
しかし市販品をまとまった量準備するとなると経済的な負担が大きくなります。
安全面や経済面を考えると、自宅で手作りするのが最もよい方法で、忙しい時にだけ市販品を利用するのが理想的でしょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 5月 18, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ダイエットスープと寒天

ダイエット食品として注目を集めている食材に寒天があります。寒天は食物繊維が多く含まれているため満腹感を得られやすく、便通を改善するため、脂肪がつきにくく痩せやすい体に改善する効果があります。近年社会的な問題となっているメタボリック症候群の改善にも効果があることから、寒天ダイエットは男女を問わず幅広い年代に受け入れられています。
寒天はいろいろな調理に応用しやすい食材です。寒天ダイエットの人気とともに、いろいろな寒天レシピが考案されています。
そこでここでは最近人気のスープダイエットと寒天を組み合わせた、コンソメ寒天ダイエットスープのレシピを紹介します。
まず4人分で糸寒天5グラム、水3カップ、コンソメ2個、塩こしょう少々、パセリ適量を準備します。
お鍋に水を入れ、沸騰したらコンソメ、塩、こしょうで味付けします。スープ皿に寒天を崩して入れ、熱いスープを注ぐだけで完成です。少し寒天が溶けたところでいただきましょう。
これ以外にもお味噌汁やワカメスープなど、普段のスープに寒天を入れるだけで、ぬるっとした独特の食感が美味しいダイエットスープに変わります。手軽に食物繊維がとれる方法で、調理が面倒な人は毎日の習慣にするとよいでしょう。
ただし寒天スープは煮込むと溶けてしまいます。寒天の食感を味わうためには寒天をあらかじめスープ皿に入れておき、後からスープを注ぐようにします。また、食事の最初にスープを食べるとよりダイエットに効果的です。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 5月 17, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ダイエットスープを使ったダイエットのコツ

ダイエットスープはいつも食べているスープに少し工夫を加えるだけで簡単に作ることができます。そのためにはまず、栄養の摂取とカロリーを抑えるコツを知っておくことが大切です。
ダイエットを成功させるためには栄養をしっかり摂って健康を保つことが大切です。食物繊維を含む野菜を中心に、体を温める具をたっぷり入れます。
美味しいダイエットスープのコツは季節の野菜を使うことです。季節の野菜は美味しく栄養も豊富です。そして何よりも経済的です。冷蔵庫の残っている野菜も加え、野菜からでる出汁を味わいましょう。
またキノコや魚介類など、低カロリーで美味しい出汁が出る食材を入れると格段に味がよくなります。
ダイエットスープで避けなければいけないのはバターや生クリームなどの乳製品です。普通食のレシピでもバターや生クリームを除き、牛乳を豆乳に変えるだけで大きくカロリーを抑えることができます。
バターや牛乳を使用しないと多少スープのコクに欠けますが、物足りない人には和風や中華スープにして、唐辛子や豆板醤、しょうがなどを使った辛めのダイエットスープがお勧めです。辛いものには代謝を高める効果があります。汗をかきながら熱いスープを食べれば、脂肪燃焼効果も高まるでしょう。
また肉類はできるだけ避けたい食材ですが、どうしても入れたい時には量を減らし、脂の少ない部位を選ぶようにします。
以上のコツを抑えて美味しく健康的なダイエットスープを作りましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 5月 16, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ダイエットスープとカレー

ダイエット中にカロリーの高いカレーは禁物ですが、カレー好きな人はカレーがどうしても食べたくなることもあるでしょう。そんな時にお勧めのメニューがスープカレーです。市販のカレーはルウ自体のカロリーが高いためダイエットには不向きですが、スープカレーなら工夫次第でカロリーを抑えることができます。作り方も簡単なため、ダイエットスープのメニューの一つにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。
ダイエットスープカレーの作り方は、まずナス2本の皮をむき、2センチの輪切りにして水にさらしておきます。お鍋に油を少々ひき、生姜一片、にんにく一片、タマネギ4分の1個をみじん切りしたものを炒めます。タマネギがしんなりしたら白ワイン大1と小麦粉大1を加えて混ぜます。
次にお鍋に水4カップとコンソメ1個、カレー粉大2、ウスターソース大1、ケチャップ大1、ガラムマサラ少々、しょうゆ、塩各小1、コショウ適量を加えます。
カボチャ、トマトを大きめに切り、ナスと一緒にお鍋に加え、柔らかくなるまで煮ます。オクラ4本、パプリカ2分の1個を加えてさっと火を通したら、最後にヨーグルト大1、バター、レモンの搾り汁各小1を加えて完成です。
生姜とにんにくは体の血行をよくし、代謝を高める効果があります。かぼちゃは食物繊維やビタミン類、ミネラルが豊富で、便通の改善や代謝を高める効果があります。スープカレーなら、ダイエットにぴったりな野菜をたくさん食べることができるでしょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 5月 15, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ダイエットスープとおから団子

ダイエット中でもお腹いっぱい食べたいという人には、おから団子のスープがお勧めです。
おから団子はその名の通りおからで作った団子で、ダイエットでは一日3食のうち、1食から2食の主食をおから団子スープに置き換えていただきます。1食分のおから団子10個でおよそ130キロカロリーに相当し、ご飯一膳分と比べてもかなりカロリーを抑えることができます。
おからの成分の半分は食物繊維からできているため、おから団子は満腹感が得られやすく、食べ過ぎを防ぐ効果があります。また食物繊維は便の量を増やして便通を促しますが、大腸内で便の移動が早まるため、脂肪の吸収を抑えることができます。
おから団子は水分と一緒に摂るとより満腹感を得られやすくなるため、ダイエットスープとして摂る方法はダイエットには最適な方法といえます。
おから団子の作り方は、まず、おから、団子粉、片栗粉、水を加えてこね、さらに水を少しずつ加えて耳たぶくらいの固さにします。次に一個が10グラム程度の重さになるようにちぎって丸め、せいろや蒸し器で5分ほど蒸して完成です。
蒸し器の代わりに電子レンジで加熱しても簡単にできます。ただしゆでるとおからの栄養が水に溶けだしてしまうため注意が必要です。
おから団子のスープに季節の野菜をたっぷり加えれば、栄養のバランスの取れた美味しいダイエットスープになります。お腹いっぱい食べて、ストレスを感じずにダイエットを成功させましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 5月 14, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ダイエットスープとアボガド

スープダイエットは続けることが大切ですが、毎日のダイエットスープに飽きてしまいそうになったら、ちょっと変わったダイエットスープに挑戦してみるのもよい方法です。そこでお勧めの食材がアボカドです。
アボカドは「森のバター」と呼ばれているように、脂肪分が高く、世界の果物の中で最も栄養価の高い果物だと言われています。ビタミンC、食物繊維、カリウム、ビタミンEなどが豊富に含まれ、風邪予防や便通改善、デトックス効果、美肌効果、生活習慣病の予防など、さまざまな効能があります。近年、人々の健康志向が高まるとともに注目を集めている食材で、サラダやお寿司、あえ物など、いろいろなメニューに応用することができます。
脂肪分が高く高カロリーですが、優れた健康効果によって脂肪を燃焼しやすい体質に改善してくれる理想的なダイエット食品です。メタボリック症候群やダイエットで栄養が偏っている人は積極的に食べるとよいでしょう。
ここではとても簡単にできるアボカドと豆腐のスープのレシピを紹介します。完熟したアボカド1個、角切りして冷凍した豆腐4分の1丁、牛乳1カップ、コンソメ1個を溶かしたスープ50cc、カレー粉小4分の1を準備します。アボカドは皮をむき、他の材料と合わせてミキサーにかけます。最後に塩で味を調えて出来上がりです。
ヘルシーで美味しいダイエットスープですが、食べ過ぎはカロリーオーバーにつながります。朝食や夕食の一品として、毎日少しずつ食べるようにしましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 5月 13, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

ホウレンソウのポタージュ

緑黄色野菜の代表選手であるホウレンソウは、お浸しやあえもの、炒め物など、いろいろな調理ができる使いやすい野菜ですが、ポタージュにしても美味しくいただけます。栄養が偏りがちなダイエット中は、ダイエットスープとして毎日でも食べたいものです。
そこでここではミキサーを使った、手軽なホウレンソウポタージュのレシピを紹介します。
まずホウレンソウ2分の1束を茹で、軸を取り除いて1センチほどに切ります。タマネギ4分の1個とじゃがいも小1個は薄切りにします。お鍋にバター15グラムを溶かし、タマネギ、じゃがいも、塩少々を加えて炒めます。しんなりしてきたら、水1カップとコンソメ2分の1個、ベイリーフを入れて10分ほど煮込みます。ベイリーフを取り出しホウレンソウを加え、あら熱を取ったらミキサーにかけます。お鍋に戻して牛乳1カップ、ナツメグを少々加えます。再び火にかけて温めながら、塩、ホワイトペッパーで味を調えます。器に盛ってパセリのみじん切りを加えたら完成です。
ほうれん草はビタミンC、カルシウム、鉄分などを含む栄養満点の野菜です。特に冬になると夏場より甘みが倍増していっそう美味しくなり、ビタミンCも3倍になると言われています。人気テレビアニメ、ポパイがパワーアップのためにほうれん草を食べていたことはよく知られています。夏は冷たくして、冬は少し温めていただくと美味しくいただけます。栄養満点のダイエットスープで、元気にダイエットを成功させましょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 5月 12, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

カリフラワーのポタージュ

ダイエットスープが人気ですが、ダイエットスープにぜひ取り入れたいのがカリフラワーのスープです。茹でるだけでも美味しいカリフラワーをポタージュにすると、ほんのりと甘くやさしい味わいになります。その美味しさは一度試した人は繰り返し作りたくなるほどです。
ジャガイモのポタージュと色合いや食感が似ていますが、ジャガイモと比べて大幅にカロリーが落とせるため、ダイエットスープにはぴったりです。
カリフラワーはカロチン、ビタミン、タンパク質、カルシウム、鉄、リンなど、栄養が豊富に含まれている野菜です。特にビタミンCはキャベツの2倍以上も含まれています。風邪予防や美肌に効果があり、食物繊維が豊富で満腹感が得られやすく、便通を改善する効果もあります。
カリフラワーは火を通すと柔らかくて食べやすく消化もよいため、子どもから高齢者まで、積極的に食事に取り入れたい野菜です。
そこでここではカリフラワーのダイエットポタージュのレシピを紹介します。
お鍋に少量のお湯と子房に分けたカリフラワー2分の1個を入れて火にかけます。火が通ったらザルにあげ、豆乳2カップと合わせてミキサーにかけます。これをザルでこして鍋に戻し、再び火にかけます。温まったら沸騰する前にコンソメ1個を加え、塩コショウ少々で味を調えます。器に盛り、黒コショウを飾って完成です。
カロリーを抑えるために、牛乳の変わりに豆乳を使用し、バターやオイルは使用しない点が普通のレシピと異なります。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 5月 11, 2009

Categories: ダイエットスープ   Tags: , , , ,

次ページへ »