肌 くすみ

肌に合った物を選ぼう、化粧品でくすみ対策

たくさんのくすみ対策、肌トラブルへの対処法について皆さんいろいろ学ばれたかと思います。
しかし、一朝一夕で改善されるほど、肌のくすみ除去は簡単ではないですよね。
でも毎日はやってくる、予定もある。手立てとして考えられるのはやっぱり化粧品でカバーしておくことではないでしょうか?
一番大切なのはベースメイクとなる化粧下地やファンデーションのカバー力ではないでしょうか。
化粧下地はもちろんファンデーションのお色を美しく見せるためのものです。
しかしそれ以外にも、元々の肌色を明るく見せる効果のあるものが増えてきています。
一言でくすみといっても、人それぞれの状態があるわけですから、ご自分の肌色に合わせた商品を選ぶ事も可能です。
また、美白効果が追加されたUVカット機能付の下地もありますから、一石二鳥のベースとなるでしょう。
また、ファンデーションは選ぶのに困ってしまうほどの種類がありますよね。
下地と同じようにご自分のくすみの状態に合わせたものを選べると最適です。
例えばひどいくすみに悩まれている方はカバー力の強いもの、などです。
種類もそうですが、ファンデーションのつけ方にも注意しましょう。
くすみの気になる部分は重ね気味にスポンジを滑らかにすべらせる塗り方をお勧めします。
また、化粧崩れは肌を守っているともいえるベースメイクの崩れにつながります。
そこで大事なのがフェースパウダー。
あまり使用しない方も多いかもしれませんが、パフやブラシにとって汗や皮脂で落ちやすい箇所を中心に使用すると、化粧のもちが違ってきます。
最後に注意してもらいたいのが、使用するパフやスポンジを清潔に保つこと!
汚れてしまったもので毎日のお手入れをしても逆に肌の調子を悪くしてしまいがちです。
汚れが気になったら買い換えるか、軽く水洗いして乾かしておくだけでも効果は違うでしょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 土曜日, 1月 23, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

日焼け止めを知って、肌をくすみから守ろう

「日焼け止めさえつけておけば大丈夫!」そんな夏の日を過ごされてはいませんか?
肌のシミや、くすみがちな肌にとって紫外線が良くない効果をもたらす事はご存知だと思います。
しかし、一言で「日焼け止め」といっても、その種類は様々。
中には逆効果をもたらす原因となるものだってあるかもしれません。正しいUVケアの仕方を少しご紹介します。
先ず日焼け止め、と聞いて思い出していただきたいのがSPFの言葉。
これは「サン・プロテクト・ファクター」の略称でご存知の通り紫外線を防御して肌が赤くなるのを防ぐ効果を数値で表したものです。
そしてPA。これもSPFの下や横によく書いてありますね。
これは「プロテクション・グレイド・オブUVA」の略称で、これは皮膚が黒くなってしまう原因を防ぐためのものです。
PAは+の表示がされている場合が多いですが、数値が大きければ大きいほどその効果時間が長くなるというわけです。
しかし使い方を誤ると、肌の負担にもなってしまうのが日焼け止めの怖いところ。
「数値の高いものを使えば、その分日焼け防止にもなる!」と思うのが普通ですがちょっと待ってください!
例えば市販されている中で一番高いSPF50、PA+++の日焼け止めを30分のお買物に使ったとします。
肌質にもよりますが、この時、肌は15時間程度、日焼けから肌を守ろうとする働きがあるのです。
これほど強い日焼け止めでは肌から落とすのも大変ですし、万が一肌に残ってしまうと、老廃物の原因となってしまいます。
これでは肌を守るどころか、くすみの原因にもなりかねませんよね。
最近では化粧下地やファンデーションにもSPF、PAは含まれています。
外に出る用事やその日の天気、紫外線情報などを知って、上手な日焼け止めの使い方をしましょう。

関連する投稿

1 comment - What do you think?  Posted by  Date: 金曜日, 1月 22, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

肌のくすみに、効果的な睡眠を知ろう

肌のくすみには生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れも関係してくる事は以前にも紹介しました。
一番手っ取り早く肌のくすみに効果的な方法、それは「睡眠のとり方」を改善することだと私は思います。
なぜなら肌は眠っている間に作られるものだからです。
深い眠りは新陳代謝を良くする成長ホルモンの分泌を促します。
脳の休息にも繋がり、肌の敵、疲れも取れるため、程遠く感じますが質の良い睡眠をとることは重要なのです。
それではどんな睡眠が良いといわれるのでしょうか?
先ずは寝具。これは一番ご自分が「安心、よく眠れる」と感じるものでいいと思います。
ただし問題は寝相!肩や背中に疲れの残るような寝相は良い睡眠の妨げにもなります。
そして睡眠の時間にも注目しましょう。
成長ホルモンがたくさん分泌される時間帯というものがあるのです。
それが眠りに入ってから1~2時間後といわれています。
この時間にぐっすり眠っていることも大切なポイントとなります。
注意しておきたいのは眠っている間の空調!
どんなに暑い日・寒い日でもエアコンのつけっぱなしは肌の冷えに繋がり、肌の潤いを除去してしまう原因となってしまいます。
今はタイマー管理の出来るものが殆どですので、よく眠れる時間をご自分で把握して、つけっぱなしの空調管理はできるだけ避けましょう。
あとは、よく眠れるためのアロマテラピーや、眠る前に簡単なストレッチを行なうなど、頭をほぐすことに工夫してみても、楽しいかもしれません。
睡眠時間がないという方も、出来るだけ深い眠りをつくることにポイントを置きましょう。
成長ホルモンの分泌は活発になるでしょうし、疲れの取れ方も改善されると思います。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 木曜日, 1月 21, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

肌を守るビタミンの効果的なとり方

肌のくすみやシミのために食生活を正しくするといっても、現代人は大変です。
食べている時間がない、不規則になってしまうなど、肌に良くない状態のライフサイクルの方も中にはいらっしゃいますよね。
肌にとっても体にとっても痛々しい事です。
そんな際、食事とともに併用してもらいたいのが、ビタミンサプリメントや飲料の存在です。
お肌を気にされている方にまず摂取していただきたいのは、なんと言ってもビタミンCの存在です。
ビタミンCはシミにもくすみにも効果があります。
サプリメントとしても有名な存在ですし、最近では飲料にもよく登場していますよね。
サプリメントというのは「肌が悪い状態」になった後に摂取する使い方ではなく、悪くなる前に摂取しておく「事前対策」が効果的です。
また、お勧めなのはビタミンB2です。
この成分は肌の良い状態を保つ効果があり、くすみだけでなく肌全体の健康に効果があります。
ビタミンB2に関しては、食材にも多く含まれているものがあり、レバーや卵などがそうです。
ご家庭をお持ちの方なら、少し頭の隅に置いておくのも悪くないと思います。
そしてビタミンAや、最近では手ごろなお値段で、肌のトラブルにいいとされるサプリメントがコンビニでも売られている時代です。
肌を守るのはビタミンだけではありません。
しかし肌トラブルが起こる前に対処しておくお守り代わりにサプリメントを摂取する習慣をつけるのもいいかもしれませんね。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 水曜日, 1月 20, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

透明感のある肌って?-くすみのない肌へ-

生まれたての赤ちゃんを見たことがない方はいらっしゃらないと思います。
そのハリ、真っ白な肌に目を奪われてしまう事があります。
私も若かったときは、なんて思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それはすべて「透明感」のある肌だからです。よく広告などにもうたい文句として使われますよね。
透明な素肌、それはひきつけられる言葉だと思います。でも実際にはどのような肌のことを指していいますか?
白い肌?つるつるな肌?私は、主にくすみのない肌のことだと思っています。
「くすみ」とは「冴えない色」という意味があります。まさに透明とは逆の言葉ですよね。
しかし透明感を手に入れるのに必要なのは、くすみを除去すればいいだけの話ではありません。
毛穴の開きやシミ、そばかすなどのない肌を目指すこと、キメの整った肌をつくること。
まとめて言えば「美肌をめざすこと」そのものが透明感を持つ肌といえるのではないでしょうか。
もう歳だから無理だわ、と諦める必要はないと思います。何歳の女性でも一生美しくいたいですよね。
その方法も様々なものがありますから、まずはご自分の肌の状態は何が良くて、何が悪いのか、知る事が必要です。
なかでもくすみは大敵です。
お顔の色全体に血色の悪さが出てしまえば、せっかくきゅっとしまった毛穴を
持っていても宝の持ち腐れですよね。
透明感のある肌を目指すには、まずくすみをなくすことから。このことを覚えていただきたいです。

関連する投稿

1 comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 1月 19, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

シワ、シミ、くすみの三大肌トラブル対策

肌の悩みは尽きる事はありません。特に年齢を重ねるごとにそのトラブルは増える一方。
高い化粧品を毎日根気よくつけることも多くなると思います。
その中でもシワ、シミ、くすみは肌の三大トラブルではないでしょうか?
シワにはこの化粧品。シミにはこれ、と何個も何時間もスキンケアに手間をかけていらっしゃいませんか。
それで効果が少ないのであれば、それは勿体無いこと極まりない事です。
まずはこの3つの敵の構造から知る事が大切なのではないでしょうか?
シワとは、肌のたるみからできるものです。
たるみとは、表皮の角質が何らかの原因でハリをなくしてしまい、細い筋が出来てしまう状態で現れてしまうものです。
また、シミの一番の敵は紫外線。
紫外線から肌を守ろうとする肌内部でのメラニンの生成によって表皮に現れた角質に黒い斑点が残ってしまいます。
そしてくすみの存在。これも肌にとってはシミ同様、紫外線やメラニンの仕業といえますが、その違いは肌の表面で原因が作られることが主なこと。
また、肌の生まれ変わりに遅れが出ることなども原因です。
3つの簡単な原因を見てみると、すべて肌の角質に関係している事が分かりますよね?
ですから、一つずつに対応する必要はないと思いませんか?
3大肌トラブルにはお肌のきちんとしたスキンケア、または規則正しい生活、偏らない食生活を送ることが大事になってくることが分かっていただけたらと思います。
要注意なのは、酷くなってしまったトラブルにはそれ相応の対策を練る必要があるということですね。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 月曜日, 1月 18, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

老け顔といわれてしまう肌のくすみ

肌年齢、とよくいいます。化粧品や薬局にある肌質をみる機械で肌年齢を測ってもらったこと、ありませんか?
私は実年齢より5歳も年上に結果が出てしまい、ショックを受けた覚えがあります。
肌年齢が実年齢から離れれば離れるほど(若い年齢の方へ離れれば良いのですが。)辛いものです。
他人から見た印象としてはどうしても「老けて」見えてしまうのが実情です。
その原因として挙げられるのは、やはり肌のくすみやシワ、たるみなどではないでしょうか。
機械での算出方法の詳しい事は分かりませんが、充分な水分が保たれ、油分も適度である、そして角質が元気であること。
このような要因をまとめて結果が出されると思います。
現実、顔色が明るく、アップでお顔をとらえても肌にくすみのない、ハリのある芸能人さんなどを見ると、お歳よりすごく若く見えることがありますよね。
それと比較して、肌の色が暗く、たるみやシワが目立ってしまうお顔。
それはイコール老けて見えるとも取れますが、そのことによって表情まで暗くなると、人としての元気のなさも印象として与えてしまいます。
それでは、くすみによる「老け顔」というより「疲れが溜まっている」という印象まで与えてしまいますよね。
人から若く見られたいわけではないけれど、会う人会う人に、そんなに若いの!?、最近すごく綺麗!と驚かれることは、ちょっとだけ嬉しさに浸れる状況かもしれません。
一日一日の肌への想いがそんな上質な肌へと導いてくれます。
特別なアンチエイジングだけに目をとらわれず、肌質に常に気を払う事も大切な美肌への道の一歩となるでしょう。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 日曜日, 1月 17, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

乾燥肌が肌のくすみをつくる

肌のくすみを何とかしたいという願いは全国全年代の女性共通の悩みではないでしょうか。
中でも、「どうすればこのくすみは解消されるの?」と考えて、いろいろな方法を試される方が多いと思います。
それは化粧品を変えてみる、思い切ってエステに行く、などその方の生活スタイルによって様々だと思います。
ですが女性だったら気にされた事がないでしょうか?それは乾燥肌のこと。
化粧のノリが悪く、カサついてハリがない、そう思われたことが一度はありませんか?
お肌のくすみと関係ないのでは?というように思われがちですが、乾燥肌の元はといえば血行やリンパの流れの悪さからきています。
肌の生まれ変わりにとってのエンジンとなる血行の循環が悪いとなれば、くすみが発生する原因となる事は見えてきますよね。
乾燥肌を撃退する方法は様々です。サプリメントを取る、夏場でもクーラーで体を冷やしすぎない。
冬場はもちろん、湿度の低い時期ですから念入りにご自分の体や肌の調子を整えることが一番の対策です。
食にしても、体を温め、血行を促して冷え性を改善するといわれている「桃」があります。
これを摂取する機会を増やしてみてはいかがでしょうか?
また、一番はスキンケアの存在でしょう。
保湿成分、乾燥肌対策を主目的としたクリームですこし贅沢なお手入れをしてみると、気持ちの面でもゆったり出来そうですね。
一度習慣にしてしまえば肌のくすみともおさらばできる対策はたくさんあります。
ご自分に合った乾燥肌対策に少し目をむけてみると、肌のくすみにも変化が生まれるかもしれませんね。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 土曜日, 1月 16, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

肌のくすみに炭の力?

肌に対しての商品だけでなく、消臭などにも効果ありといわれている「炭」用品。
もちろん、汚れを除去する事に関係があると思うのですが、実際肌のくすみへの悩みには対応できるものなのでしょうか?
まず基本的な情報として、炭は樹木から出来る物質です。用途によって様々な樹木が使われるようです。
炭には脱臭効果があり、冷蔵庫や靴箱に入れる商品があります。
肌にとっても「炭成分配合の石鹸」など売られていますね。
その場合竹からつくる炭の石鹸が多く、それは汚れの除去という効果が絶大だといわれているからなのです。
肌の表面、毛穴に溜まった老廃物や油分を取り除いてくれる効果があります。
これは、肌のくすみの元を除去してくれる事になりますよね。
今は練り状のチューブタイプの洗顔が主流ですので最初は扱いにくいかもしれません。
しかし洗顔ネットを使って固形の石鹸の泡立てに慣れて、肌に新しい活力をつけたら、鏡を見る楽しみが増えるかもしれませんよ。
しかし、いくら肌の汚れを除去といっても、肌に必要な水分の除去や角質層を傷つけるなどのダメージが合ったら元も子もないですよね。
今、販売されている墨石鹸などと呼ばれる商品は品質のよいものです。
石鹸に炭を配合する事によって、無駄なものは除去、しかし肌はすべすべにキープ、といった状態をつくってくれるのです。
自然のものを使うので、中には残念ながらお肌に合わない方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、肌のくすみにお悩みの方には一度は試していただきたいのが炭の効果です。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 金曜日, 1月 15, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

ターンオーバーを知ってくすみなしの肌

潤いのある、透明感のある肌、言葉の響きにうっとりしますよね。そのためには、まずはくすみのない肌を目指したいところです。
女性の中には化粧品やスキンケアさえいいものであれば肌質は効果的についてきてくれると思っていらっしゃる方もいるかもしれません。
しかし、悲しいことにそれだけでは肌の質はアップしてくれません。
体の調子が悪いとお薬だけでなく、リハビリや毎日の生活習慣を変えてみる必要があります。
肌にとっても与えるものだけを変えていくのではなく、毎日の生活から健康的な肌をつくることが必要ではないでしょうか。
そこで重要になってくるのが肌のターンオーバーです。肌にとってとても重要な動きです。
これは肌の生まれ変わりの事で、この肌の動きがうまくまわっていかないと、肌質は悪くなる一方です。
生まれ変わりのサイクルについて少し説明すると、肌は細胞から生まれた角質が並んで空気と触れ合っています。
この部分を表皮といいます。肌内部では大きく、この表皮とその次の真皮、皮下組織の3つに分かれています。
この皮下組織から細胞は生まれ、段々と形を変え、表皮の方へ移動してくるのです。
そして一番表であった表皮の細胞は、最後はあかとして排出されます。
ターンオーバーの標準的な(健康的な)周期は28日間といわれています。
このサイクルが壊れると、剥がれ落ちない表皮のせいで肌にくすみが生まれるなど、肌にとっていいことはありません。
「体の働きなのだから仕方ないのでは?」と、思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし肌のターンオーバーを正常に働かせるのは「生活習慣」そのものなのです。
タバコを吸いすぎてはいませんか?眠りの質は良いですか?食事は偏っていませんか?
こういったことから肌にいくつものトラブルは発生します。ターンオーバーは肌質改善の基礎といえるかもしれません。

関連する投稿

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 木曜日, 1月 14, 2010

Categories: 肌 くすみ   Tags: , , , ,

次ページへ »