転職・就職

求人情報の種類

求人情報というと色々な種類の求人情報があり、インターネットサイトや求人雑誌、ハローワーク、新聞や折り込みチラシなどがあげられます。求人情報に実に様々なタイプのものがあるようです。自分の働きたい分野や業界によっても、求人情報を選択しなければなりません。適した求人情報であれば、効率よく仕事を見つけることが可能です。求人欄がある英字新聞や英字の雑誌なども、外資系や語学系の求人情報を探すならば、インターネットのみならずチェックすることが不可欠です。会社の求めるレベルが高い語学系の場合は、その時点で英字新聞を読む人とある程度限定してしている事もあり得るようです。ハローワークに行くと、大都市ではなく地方都市での求人を探している場合は、地元企業の求人情報をチェックすることが可能です。近県など自分が住んでいる所に近い地域にある求人を紹介してくれます。求人チラシが新聞の折り込み広告と一緒に入ってくると思いますが、これも地元の仕事の場合は有効な仕事探しの手段ではないでしょうか。求人情報が地元新聞紙に載った場合は、応募者は新聞を見ている人だけになります。限定される応募数になるというメリットが、インターネットの求人サイトに掲載されている求人情報と比較するとあるといえるでしょう。求人募集をしている会社は、不景気の中では少ないので、本当に仕事を見つけると言うのは容易なことではありません。採用を勝ち取る一番の近道となるのは、1度や2度の失敗に負けずに根気強く求人情報を調べることではないでしょうか。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 木曜日, 12月 9, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

ハローワークとインターネットの求人情報

現在就職活動を、求人情報を元にしている人もたくさんいるようです。リストラによる人員整理や、不景気でボーナスが下がったりすることも多々あるからです。インターネットで求人情報を見ることが可能で自宅でいつでも検索できることから、ハローワークにわざわざ出向かなくても良いといえます。求人情報といえば一昔前まではハローワークに行く事が一般的でしたが、タイムリーに最新の求人情報を見ることが出来るので、就職活動には無くてならないものがインターネットだといえるでしょう。自分の経歴や希望する職種を担当の人に伝えて、就職活動の相談にのってもらうことが、ハローワークでは可能です。ハローワークの利用も、具体的なアドバイスを受けることも可能なので、自分に合った仕事を効率よく探すために欠かせないのではないでしょう。インターネット世代などと呼ばれる10代から30代の人たちの多くは、就職活動をする場合インターネットの求人サイトや求人情報誌などを利用しているといいます。最も便利になったいえるのは、履歴書や職務経歴書など手書きで書く必要がなくなったことではないでしょうか。パソコンに一度保存しておけば、応募を良い求人情報があったときに添付してすることができるでしょう。全て手書きの履歴書を応募する会社の数だけ何枚も書いたり、書き損じしたりするといった煩わしさがなくなるのです。応募が簡単になったからといって、仕事がすぐに見つかるかというとそういうことではありません。ハローワークや求人情報サイトを上活用して求人情報をどんどん収集しましょう。自分の希望する仕事や、やりがいのある職種をさまざまな求人情報から見つけることができるのだと思います。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 水曜日, 12月 8, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

採用情報の内容を把握する

どんな内容が採用情報には示されているのでしょうか。求職中の人や転職を考えている人にとって、希望の仕事を非常に多くある採用情報の中から選ぶということはとても重要なことだといえます。新卒の高学歴をターゲットにした採用情報というものも、最近ではあるようです。すぐに会社の戦力となる、スキルが高い人材に的を絞った採用情報というものもあります。最近増えているのが、採用する人物像を絞った採用情報だそうです。企業にとって即戦力になりうる人材が、正社員の求人に限らず、特に派遣の求人情報において求められているようです。社員登用制度と呼ばれる一定の期間を経ることで、派遣の求人から職に就いた場合でも、社員として雇用される制度というものがあるのです。企業側にとって見ればメリットがあります。職務経歴や資格だけでなく実際に仕事に就いた後のスキルや人柄、仕事ぶりを見極めることが出来るからです。実際に働いてから自分の望む職場環境なのかを確認してから、正社員として就職するかどうかの判断が、雇われる側にとっては出来るといえるでしょう。多くの企業で、企業側も働く側も双方にとって大変メリットがある正社員登用制度が利用されているそうです。企業の採用情報は、中高年になってからの場合年齢制限などの条件に合わないことから、就職活動がなかなか成功しないのも事実です。上手に派遣制度や社員登用制度のある派遣社員の採用情報などを利用して就職活動に生かしてみてはいかがでしょうか。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 12月 7, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

採用情報を就職活動に活用する

ほとんどの企業でホームページで、採用情報を見ることは可能となっているようです。採用の情報が、求人情報サイト上でも掲載されているといいます。就職活動には大変便利なもので、自分の希望する職種や給与面や待遇など、当てはまる仕事を検索することができるようになっているのです。採用情報サイトの中には、中途採用者向けの転職情報が掲載されたものもあります。採用情報サイトへ会員登録をし、希望する仕事の条件を登録をしておけば、希望に合った仕事の採用情報がメールで送られてくるというのもあります。仕事探しがとても効率的に出来る手段として、転職を仕事をしながら希望している多くの人たちが、このサイトを利用しているそうです。企業からの求人内容に合った人材育成の為の職業訓練や、資格の取得の為の制度なども、ハローワークでは採用情報の提供だけに限らず整えられています。ハローワークがおすすめなのは、採用情報に限らず働きたい人の支援制度が充実している点です。新聞広告や折り込みチラシなどでは、地元地域の採用情報が掲載されており、自宅近辺で働きたい場合などは有効な求人情報となります。求職や転職サイトと同様に希望条件を登録することで、希望に合った企業の採用情報などを知ることが出来るため、派遣会社への登録も便利でしょう。主婦の為の採用情報が豊富な派遣会社やIT関連に特化した企業に強い派遣会社などもあります。はっきりと希望職種や条件などを明確にすることで、自分に適した会社に就職するまでのプロセスや時間を、良い採用情報を得ることで短縮できるのではないでしょうか。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 月曜日, 12月 6, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

就職活動に失敗しない為のアドバイス

今後就職活動に成功するためのアドバイスとしてあげられるものをあげてみます。いちばん就職活動において重要だとも言えるのが、面接に関わるアドバイスです。自己アピールのための舞台は、就職活動においての面接です。しっかりとした自己分析や、自分の希望や考えをまとめることが、就職活動の過程においてできていれば、それほど厳しいものではないといえます。自分を知るということは、就職活動においてだけに限らず、人生において経験したことのすべてを自分へのアドバイスにかえることです。取り入れることのできたアドバイスは自分の力となります。確固たるものができあがっていれば、事前に提出した履歴書やエントリーシートに関する質問を受けることがあっても、自分自身についてしっかり答えられるに違いありません。言語は明瞭に、発言は端的に、姿勢よくなどと、面接に際して言われることがよくあります。自信に伴って現れるものなので、あえて実行するものではないといえます。ゆるがない自信が自分の中にあれば、自然と立ち居振る舞いにも表れてくるでしょう。人生を左右するものが就職活動ですが、それでふるいにかけられるのだと思うことは無いでしょう。前向きな心構えで臨み、就職活動をその後の人生のアドバイスに役立てるのだと思うくらいでちょうど良いのです。自分を正しく知り、真正面から表現すること、小器用な面接テクニックを重視するのではないということは、就職活動において一番重要なアドバイスになるのかもしれません。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 日曜日, 12月 5, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

就職活動に臨むためのアドバイス

就職活動に役立つアドバイスは、行動を起こさなければいつまでももらうことはできません。アドバイスを得るための行動をこちらからすることが大事です。就職活動に役立つアドバイスをもらうために、学生ならば同じ学校にいた先輩の元に足を運んで話を聞くことが重要になってきます。学生以外の人は、就職活動をしたい分野で活躍している人や共通点のある人を探し、就職活動のアドバイスをもらいましょう。現場の話を実際に体験している人から聞けることで、就職活動時にアピールポイントになるものは何か、その仕事が本当に魅力的かなどが見えてきます。志望動機をはっきりさせる効果も期待できるといいます。就職活動を成功させるには、面接の場で話題になることが多い志望動機をどう答えるか考えておくことが大事です。自分一人で自分を見ているだけでは、見えるものも見えなくなることもあります。就職活動をする上で外部からのアドバイスは大事にしたいものです。いざ目標となる就職活動先が決定したら、履歴書やエントリーシートによるアプローチを開始します。これまでの経歴や人物像がわかるように、履歴書の書き方は定形が決まっています。一方、会社がそれぞれに用意するものにエントリーシートがあり、志望の理由や自己分析の小論文を書くという形になります。漠然と就職活動をするのではなく、目的意識を明確にしてアドバイスを受けるなど、具体的な行動する事が成功への近道です。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 土曜日, 12月 4, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

就職活動に必要なアドバイス

就職活動をする人に対しては、全くアドバイスのない状態よりあった方がいいのではないでしょうか。学校の方針によりますが、多くの学校で就職活動に効果的なアドバイスを学生が得られるようはからってくれます。この頃は就職セミナーも様々なところで開催されていますし、就職活動を支援するホームページもたんさくあります。アドバイスを求めるならば、既に就職活動を終わらせた人の話や、採用担当者の就職活動に関する話を聞く機会を得ることは、とても有用なものです。就職活動をうまくやり遂げるためのアドバイスは様々なものがあります。主なアドバイスとしては、就職活動の準備に関するものと、求人先企業とのやり取りに関するものです。就職活動の準備段階として最も大事なアドバイスは、自己分析をいかに行うかという点です。自分は何がしたいのか、自分は何ができるのか、自分には何が向いているのかを考え良く理解する事が大事です。自分が社会に出て何をしたいのか、具体的に希望する職業がある場合は職業に対して、自分は何ができるのかをじっくりと考えてみましょう。入りたい業種で働いている人がいれば、アドバイスを頼んでもいいかもしれません。まだ自分に合う仕事がわからないという場合は、自己分析を通して自分の得意分野やできることなどを突き詰めてみましょう。同じ特技や技能を持つ人たちにアドバイスを受ける機会を持つことで、就職活動を迅速かつ適正に進めることができるようになります。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 金曜日, 12月 3, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

エコ検定と就職

就職活動において、エコに関わる分野に対する興味関心は多くの人が持っているようです。将来的な展望が大きいエコという分野に就職したいという新卒者もたくさんいるといいます。関心が高まるということは、それだけ競争相手が増えるということです。エコロジーに関する仕事をしたいと考えている人のうち、周囲の人との差をつけたいというなら資格を取るという方法もあります。エコ検定は、近年では多くの人が取得しているようです。国家の扱っている資格ではないので教養検定と言われる部類に入るエコ検定は、エコロジーのために役立つ知識を試験という形で問うものです。エコ検定で認定資格を持っているからと他人より有利になるかというとそうも限りません。自己PRの際にエコへの取り組み熱心であることなどを伝えたい時は、履歴書などにエコ検定資格を持っていることを書いておくといいでしょう。エコロジーを扱う企業に就職したいと考えてい人は、エコ検定を取っておくことでエコロジーに関する知識を持っておくのも有用です。ある日突然エコに目覚めようとしても無理な相談です。エコに関する活動やボランティアをする前に、身近なエコロジーへの努力について興味を持っていくことが大事です。エコロジーに関心を持っておくことは、これからの日本の将来を考える上で、そして就職に活かすために役に立つことでしょう。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 木曜日, 12月 2, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

エコ活動と就職

私たち自身のため、次の世代に住みやすい地球を受け渡すためにもエコは重要な問題であり、就職活動でも考えるべき事柄のようです。日本ではいまだ多くをボランティアに任せているのが実際のところのようです。ボランティアだけでなく、企業の仕事としてのエコもこれから期待するところです。いつまでも善意にばかりは頼っていられません。従来の就職活動で多かったのは、待遇や仕事のやりがいという側面だったようです。これからは更に社会貢献やボランティア精神を培うことも、重要視される時代になると考えられています。念願の企業に就職を果たしたにもかかわらず、社内のパワハラや一方的なイジメで心身共に疲弊する人もいます。精神的に追い詰められてうつの症状が出る人もいて、仕事を続けるモチベーションが上がらないという話も珍しくありません。エコ活動をはじめとする社会貢献やボランティアを実践していくためには、就職した企業の職場環境も重要です。就職活動で仕事を探す時は、働くことに生き甲斐を感じられるか、環境に優しい仕事ができるかという点も着目したい時代になっているのかもしれません。単純に働き先を求めるのではなく、仕事にやりがいを感じ、適職につき、社会にも役立つことができたらという新卒者は多いようです。未経験の業種でも積極的に就職活動をするという方もいます。エコを扱う会社は増加しており、人にも環境にも優しい事業を目指しているところもあります。エコだけでなく、今後拡大すると思われる業種には、介護や福祉などが存在しています。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 水曜日, 12月 1, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

エコと就職について

就職にもエコがいる時代になりつつあります。不況の波はなかなか去っていかず、有効求人倍率も低いままのようです。特に生産業はできるだけ安く人件費を抑えるため、工場を外国へ移転する企業も増えており、リストラも加速しています。新規採用の枠も少なく、ましてや転職先を見つけることも大変で、雇用対策や景気対策がなかなか進んでいません。新たな就職先として注目されているのは、エコ活動を中心とした環境保全に関連する分野です。世界じゅうが、環境問題に注目している時代です。二酸化炭素の排出制限なども国家間でやり取りされており、エコに関する話題は様々なものがあります。エコに重きを置いた政策は、太陽光発電分野や電気自動車分野など、日本国内でも色々となされています。環境保全分野は新たなビジネスチャンスがもたらされる部分として、大いに期待できます。新たな仕事を探す時に、エコに関わる会社の求人は増える傾向にあり、これからも続くのではないかとされています。転職先を探す上で、エコに関する会社はできて間もないところが多く、中途採用者を求めているという魅力もあるといいます。既存の大企業でも、新しいものを製造して販売するばかりではなく、リサイクルなどのエコへの取り組みも行っています。就職先を検討する際は、エコを扱う企業もいいのではないでしょうか。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 11月 30, 2010

Categories: 転職・就職   Tags:

次ページへ »